旭川総合法律事務所 弁護士によるご相談は
法律相談相談方法 借金、交通事故のご相談は無料
土曜日相談も受付中
HOME 個人のお客さま 企業のお客さま 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用
旭川総合法律事務所TOP > 弁護士による法律相談Q&A > 中小企業経営承継円滑法
法律相談Q&A
特定調停と過払い金
公務員が自己破産
熟年離婚
破産した社員の解雇
中小企業経営承継円滑法
刑事裁判に被害者が参加
過払い金で婚活(こんかつ)
成年後見制度
浮気相手への慰謝料請求
借金を整理する3つの方法
売掛金を回収する方法
突然、訴えられてしまったら
相続をめぐるトラブル
整理解雇の有効性
住宅瑕疵担保履行法
子供の親権をとりたい
法律相談に行ってみよう

 
 中小企業経営承継円滑法について

 旭川市内で建設業を営んでいる者です。将来的には専務取締役である長男に経営を継がせたいと思っております。 私には、長男のほかに2人の子供がいることから、いわゆる遺留分との関係で問題が生じるのではないかと悩んでいたところ、中小企業の経営承継を円滑に行うための法律が制定され、遺留分についての特例が定められたということを聞きました。具体的には、どのような制度なのでしょうか。(Sさん・58歳)


 現在、中小企業の経営者の平均年齢は約58歳であり(中小企業庁統計)、道北地方における経営者の高齢化は、より一層顕著です。しかしながら、早い時期から事業承継について考えておられる経営者の方は少ないのではないでしょうか。
このような中、円滑な事業承継を目的として、平成20年10月1日から「中小企業に おける経営の承継の円滑化に関する法律(以下、「経営承継円滑法」という)が一部施行されました。

 この「経営承継円滑法」は、 @相続税の課税の特例  A遺留分に関する民法の特例  B金融支援
の3つの柱から成り立っています。
今回は、この中のA遺留分に関する民法の特例について、そのポイントを概観してみましょう。

そもそも、遺留分制度とは被相続人が有していた財産の一定割合を、最低限の取り分と して一定の法定相続人に保障する制度です(民法1028条以下)。
しかしながら、民法の規定に従った場合、遺留分をめぐる紛争が生じたり、自社株式・ 事業用の資産が分散してしまったりすることによって円滑な事業承継が阻害されるという不都合がありました。

そこで、「経営承継円滑法」においては、まず、遺留分減殺請求を封じ、自社株式等の分散を防止するために、@後継者(経営を承継する推定相続人)と非後継者は、後継者 が経営者から生前贈与等によって取得した自社株式等について、遺留分算定の基礎財産 に算入しないという合意をすることができることが定められました(除外特例)。 また、株式価値の変動による不都合な結果を回避するために、A後継者と非後継者は、後継者が経営者から生前贈与等によって取得した自社株式等について、遺留分算定の基礎財産に算入する価額を合意時の価額とすることを合意することができることも定められました(固定特例)。

もっとも、これらの特例を利用するためには、その合意につい て書面を作成することに加えて、経済産業大臣の確認、家庭裁判所の許可を受ける必要 があります。

なお、「経営承継円滑法」における遺留分に関する民法の特例が施行されるのは、平成21年3月1日からであり、前途の合意もそれ以降になされる必要があります。

 この「経営承継円滑法」を利用して、事業承継を円滑に進めることを検討されている方は 、ぜひ近くの専門家(税理士、弁護士等)に相談されるとよろしいでしょう。

 

プライバシーポリシー  サイトマップ